Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

滋賀ちゃんこ屋「盛りつけ悪い」と暴行、経営者死亡…2人逮捕【凶暴な前科者を世に放った人に責任は全く無いのか?】

スポンサーリンク

滋賀県草津市で悲惨な事件が起きました。

舞台はこの店です。
ちゃんこ蔵馬

事件概要

滋賀県草津市のちゃんこ料理店で、経営者の男性に因縁を付けて暴行し、死亡させたとして、県警草津署は29日、不動産仲介業・浜野慶治(46)(草津市野路)、土木作業員・関一也(45)(大津市平津)の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。

2人は店で「盛りつけが悪い」と店員に怒り出し、男性を呼びつけていた。

発表では、死亡したのは草津市下物町、糸岡真二さん(60)。

浜野容疑者らは21日午後11時15分頃から翌22日午前1時40分頃の間、同市大路の「隠れDining蔵間 草津店」の個室内で、糸岡さんの顔や頭部、背中を土鍋で殴ったり蹴ったりし、左右肺損傷で死亡させた疑い。糸岡さんの肋骨(ろっこつ)も複数箇所、折れていた。

浜野容疑者らは容疑を認め、「従業員の態度に腹が立って殴った」などと供述している。

浜野容疑者らは21日午後7時頃、知人らと7、8人で来店し、同9時頃、従業員に「責任者を呼べ」と要求。別の場所にいた糸岡さんが駆けつけたという。

近隣の飲食店から「大きな音がしたので、見に行ったら店のドアが破壊されている」と110番があり、同署員が駆けつけた際、糸岡さんは、正座した状態で頭から血を流していた。意識がもうろうとした様子で、搬送先の病院で間もなく死亡した。

糸岡さんが暴行を受けている間、浜野容疑者と一緒にいた客が従業員に対し、「この場でおさめるから、(警察を)呼ばんといて」と、通報しないように求めていたという。

浜野容疑者らは職務質問に応じず、その場から立ち去ったが、同署は2人が暴行に関与したと判断。7日後に逮捕に踏み切った。

糸岡さんは、地元のレンコンを地域ブランドにする活動もしていた。

以前は草津ライオンズクラブの役員も務めており、白井幸則会長は「地元のリーダーになるような人だったのに」と悔しがり、別の男性も「腰が低く、『真ちゃん』と慕われていた。何でこんな目に遭わなければならないのか」と憤った。

引用:読売新聞

まずは犠牲になった糸岡真二さんのご冥福を祈ります。

それにしても

料理の盛り付けが悪くて殺されてしまう!

ってビックリな事件ですね。

こんなことで人を殺してたら毎日日本中で殺人事件です。
犯人は非常に気が短いと言って良いでしょう。

犯人は何者か

まずはこの人

・氏名:関一也(せき かずや)
・年齢:45歳
・住所:大津市平津1丁目
・職業:土木作業員

こちらは顔写真も出てきてませんし詳細不明です。

そしてもう一人主犯と思われる方。

・氏名:濱野慶治(はまの けいじ)
・年齢:46歳
・出身:滋賀県草津市
・職業:不動産仲介業

傷害致死の前科もあるようですね。

【滋賀】暴力団集団リンチ殺人判決
去年、暴力団組員に暴行を加え、死亡させた上、遺体を三重県の山中に埋めたとして、傷害致死などの罪に問われた暴力団幹部ら7人に対して、大津地裁は、懲役10年から2年6ヵ月の判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、大津市の山口組系暴力団幹部・浜野慶治被告(32)ら7人です。判決によりますと、浜野被告らは、去年4月、京都市の暴力団組員・山本哲也さんの女性に対する態度を注意したのに、認めなかったことに腹を立て、山本さんを自宅に呼び出して殴る蹴るの暴行を加えて死亡させ、遺体を三重県島ヶ原村の山中に埋めました。

きょうの判決で、大津地裁の大西良孝裁判長は、「短絡的で反社会的な犯行に酌量の余地はない」として、浜野被告に懲役10年、そのほか6人に懲役8年から2年6ヵ月の判決を言い渡しました。

引用:出所不詳

いわゆる反社会的勢力に属する人ですね。こういう人が刑期を終えて一般社会に戻ってきていたわけです。

そしてこの事件。
まだ刑務所にいれば起こらなかったはず。
反省なんて全くしていないんでしょうね。

もちろん刑事罰って他の事件とのバランスがあるから簡単に特定の人だけ重くしたり軽くしたりは出来ないって言うのは分かります。でも結果がこれですからね。判決を出した裁判官も心が傷んでいることでしょう。でも無傷なんですよね。何の咎めもなく今後も裁判官を続けられるわけです。

それだけに糸岡さんの無念さは計り知れないものがあると思います。
今度の刑事罰は是非厳罰に処して欲しいと思います。

反省の有無って意味あるの?

よく判決文の中に「反省してるか否か」について触れますけどあれ意味あるんですかね?反社会的集団に属する人たちにとって実際には全く反省していなくても「反省した振りをすること」って非常に楽なことなんじゃないかと思うんですよね。おそらく組織にそういうノウハウが蓄積されてるでしょうしね。こんなのに騙されて鬼畜のような人間を野に放ってしまった罪はやはり小さくなく感じます。

後、刑を決める人は極力軽くしてあげることに自己満足を感じているのではないかと思うことがあります。そんな自己満足のために反省してない人が社会に戻ってきてまた殺人事件起こされたら殺された方はたまったものではありません。もう少し厳重に処罰していただきたい。強くそう思います。もちろん犯人そのものが一番の罪には違いないのですし色々難しい面はあるのでしょうけどね。

あー、しかし胸糞悪い事件だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。