Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Gacktさんは一体どこに向かっているんでしょう?【名前変わって仮想通貨で何か始めた!】

スポンサーリンク

プロフィール

別名:神威楽斗、GACKT CAMUI、GACKT.C
生誕:1973年7月4日(44歳)
出身地:沖縄県
ジャンル:ロック、オルタナティヴ・ロック、ポップ・ロック
職業:シンガーソングライター、俳優、音楽プロデューサー、声優
担当楽器:ボーカル、ピアノ、ギター、ベース、ドラム
レーベル:G&LOVERS
事務所:L.O.V.EntertainmenT
共同作業者:Chachamaru、YOU、TAKUMI、YELLOW FRIED CHICKENz、MALICE MIZER

元々ミュージシャンですね。MALICE MIZERが現役の頃に教えてた中学生(私そのとき家庭教師やってました)がファンでした。「先生、GACKTって本名カムイガクトって言うんだよ!」って教えてくれました。凄い本名の人がいるもんだなと思ったものです。ボーカリストとしてもそれなりに素晴らしくルックスも良くてこりゃ人気も出るはずだと。

MALICE MIZERはすぐ辞めちゃいましたけど存在感ありまくりだったGacktさんはやはり残りましたね。今は俳優やったり音楽プロデューサーやったり幅広く活躍されているようです。

そんなGacktさんがこんな発表をしました。

仮想通貨事業への参入

”Gacktが本名公表、仮想通貨事業への参画明かす
[2017年12月27日20時41分]
TL FacebookMessenger
Gackt(2017年4月23日撮影)

ミュージシャンのGackt(44)が、仮想通貨事業への参画を明かすとともに、本名を公表した。

Gacktは26日、ブログを更新。ICOプロジェクト「SPINDLE」のサイト画像を掲載し、「この数カ月、いろんな国をずっと飛び回っている。このプロジェクトを成功させるために」と、自身が関わっていることを明かした。同プロジェクトの公式サイトにメンバーとして記載されている「大城ガクト」は本名だという。

以前から仮想通貨の可能性に注目していたというGacktは、「ここから10年後、紙幣もなくなる世の中が必ず訪れる。銀行の建物もほとんどが街から姿を消すことになるだろう」と予想。自身が同プロジェクトに参画した理由については「多くの人に仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思ったからだ」とした。

引用:日刊スポーツ

ミュージシャンで俳優でありさらに実業家としの顔を持つGacktさん。凄いですね。でも私の中で「ちょ、待てよ!」って記憶が蘇ってきました。

以前詐欺にあっている

そういえばこんな事件に巻き込まれてましたね。

投資家から資産を運用するためと偽り、現金を集めたとして「クエストキャピタルマネージメント」の取締役、また同社が運営していた投資ファンド「AR2有限責任事業組合」の組合員ら4人が詐欺と金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。

この投資ファンド「AR2」は、毎月3%の配当金や「利益を出し続ける」と謳い、約60人から113億円ほど集めたとみられている。だが、実際クエスト社はAR2が集めた出資金を運用しておらず、集めた資金は、出資者への配当や、逮捕された取締役の遊興費などに充てられていたという。

約60人から113億円、となれば単純計算で一人頭2億円はほど出資しなければならない。この事件が大物狙いであったことが伺える中、このファンドに数人の芸能人も出資していたと、「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。

記事によれば、被害にあったのは歌手・GACKT、ギタリスト・布袋寅泰、女優・江角マキコだという。中でも、GACKTは、このファンドへの投資のため、世田谷にあった事務所、スタッフの居住スペース兼自身の自宅である約400平方メートルの地上4階建て、地下2階建てのデザイナーズマンションをこのために売却までしていたという。

「GACKTは、以前自身のブログで、『売り上げに左右されずに自身の音楽を追求するために、音楽とは別のビジネスを手がけるようになった』とサイドビジネスに手を出していると告白しています。具体的になにをしているのかにまでは言及されていませんでしたが、今回の詐欺にあった投資もその中のひとつだったのでしょうね」(芸能ライター)

GACKTといえば、自宅には神殿や加湿器代わりだという滝、さらに30畳のバスルームなどがあり、芸能人としての活動には見合わないほどのセレブキャラがミステリアスさを呼んでいたが、今回の一件でこれらはすべて失われてしまったようだ。
「最近は、世界に200台しかないといわれる約6,000万円の愛車を売却するなど金欠もウワサされています。今回の一件で、GACKTはさらに金策に頭を悩ませているのでは?」(前出・同)
歌手としての活動もほぼなく、さまざまなギミックを用いて、『セレブっぽい』立ち位置を築き上げ、芸能界を生き抜いてきたGACKT。今回の事件を受けて、そのイメージも失墜してしまうかもしれない。

引用:ギャンブルジャーナル

芸能人たくさん参加してるから信用してしまったんでしょうかね?それとも騙されやすいのかな?とりあえずかなりダメージを負ったはずです。

そして今回は仮想通貨事業の立ち上げ。誰かが背後にいるにしてもよくまた突っ込む気になりましたね。やはり広告塔としての役割なんでしょうか?以前詐欺にあってるという記憶がかなりの人に残っていることでしょう。

また普段から自分のことをミステリアスな存在にしようとしたのでしょうけどプロフィールがツッコミどころありすぎで信用して良いのかなって感じなんですよね。

プロフィールが仮想っぽい

調べたところ下記のようなのが出てきます。

本名:岡部学(おかべさとる)、大城学
身長:180cm
語学:英語、フランス語、中国語、韓国語
出身学校:栗東市立栗東西中学校、守山高校、京都学園大学
音楽:ピアノ、声楽、木管、金管、打楽器、ギター、バイオリン、ベース、弦楽器

まず出生名は岡部学と言われていますね。両親が離婚して大城になったようです。でもそしたら大城学のはず。カタカナでガクトですか?芸能活動しているうちにそっちが便利だからと本当に変えてしまったんですかね?

実際に裁判所に申請すると割りと簡単に本名変更出来たりしますけどね。実際のところは分かりませんけど本名じゃない名前を本名と言う人が広告塔の事業とか嫌な感じですね。

身長は芸能人によくあることなのでまぁ良いですかね。明らかに180cmは無いと言われてますね。

また語学堪能で色々出来ると言われてますけどこの動画見る限り「えっ?」って感じです。

これでフランス語も流暢ってのはまず無いでしょうね。中国語なんかはまた系統が違うので何とも言えませんが義務教育でやる英語のレベルがこれでそれ以外の欧米系の語学力がもっと凄いってちょっと考えにくいです。韓国語に関しては最初の奥さんが韓国人だったようですし韓国籍のICONIQ(伊藤ゆみ)さんとも仲良かったようなのでこれはむしろそこそこいけるんじゃないかと勝手に推測してます。

大変失礼ですけど学歴は超凄いって訳ではないですね。そういうこともあって語学能力にもクエッションが付くのは無理もないです。大学入試でほとんど勉強せずにその後ウルトラ頑張って語学マスターしたんでしょうかね?その間には音楽活動もしていたでしょうし。

後、出来ない楽器が無いみたい!レコーディングなんかも一人で出来ちゃいそうです。本当だったら凄いですしこれで十分食っていけると思うんですけどね。

それにしてもここまで色々盛ってしまうと段々お笑いに近くなってきちゃいます…。

まとめ

実業家として今後やっていくならこういうミステリアスはマイナスだと思います。等身大でやった方が良いと思います。

個人的には普通にミュージシャンに戻って欲しいです。語学出来なくても楽器できなくても存在感のあるそのボーカルだけでやっていけると思います。再びエンターテイナーとして楽しませて欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。