Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

元K1選手の渡辺浩一さんがバイクで車と衝突して事故死【動画、Twitterあり】

スポンサーリンク

まだ若いですね。
突然の知らせでした。

事故概要

7日午前7時半ごろ、東京都渋谷区渋谷の交差点で、キックボクシングトレーナー渡辺浩一さん(37)=港区南青山=が運転する大型スクーターとワゴン車が衝突し、渡辺さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 渡辺さんは「KOICHI(コウイチ)」の名前で、格闘技「K1」の選手として活動していた。警視庁渋谷署が詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、渡辺さんは片側3車線の都道を直進中、交差点で左側から進入してきたアルバイト男性(29)のワゴン車と衝突した。現場の見通しは良かったという。男性にけがはなかった。

 K1公式ホームページなどによると、渡辺さんは新潟市出身で、ヘビー級の選手だった。

時事通信(livedoor)
http://news.livedoor.com/article/detail/14546119/

どんな人?


写真は東京ヘッドラインさんより

所属・ジム バンゲリングベイ・スピリット
生年月日 1980.10.26
身長・血液型 186cm・
出身地 新潟県新潟市(日本)
ファイトスタイル
入場曲
SNS
獲得タイトル初代M-1ヘビー級王者
初代WPMF日本ヘビー級王者
戦績 43戦 31勝(17KO) 11敗 1分

大きな人のようです。元々中学生のときに183cmはあったようですがそのころはスラムダンクが流行っていてバスケをやっていたようですね。バスケは身長あればそれほど筋肉が必要な訳では無いのでそのころは体は細かったようです。と言っても背が大きいので80kgはあったようですが。その後は19歳から格闘技をやりたくなり20kg増やして現在の格闘家の体を作り上げたようです。体重は約100kgってことですね。これなら世界と闘えそうです。ここ最近3試合は1勝2敗だったようですね。

【プロフィール】
上原誠と並ぶ日本ヘビー級のトップファイター。K-1に憧れて新潟で格闘家の道を志し、上京後にニコラス・ぺタスに弟子入り。コウイチ・ぺタスの名でデビューし、貴重な日本人ヘビー級ファイターとして活躍する。ヘビー級には珍しい豊富なスタミナと緻密な戦い方を得意とし、海外のトップファイターとも拳を交えてきた。2016年9月の新生K-1初参戦では上原に惜しくも判定で敗れたが、2017年4月には当時ヘビー級無敗だったK-JeeをKOして格の違いを見せつけた。11月の初代ヘビー級王座決定トーナメントでは一回戦ではイブラヒム・エル・ボウニに敗れた。[2017年11月24日現在]

また下記は本人のTwitterです。

昨日までTwitterに書き込みしてますね。もの凄く元気そうなのに。本当に明日には何があるか分かりませんね。また女性の好みは

・明るい
・笑顔が素敵
・クールでかっこいい

と条件を上げて具体的な名前としてキャサリンゼタ=ジョーンズを上げて「顔も好き」と言ってます。どうも条件と具体例が結びつかずいまいちピンと来ませでしたが皆様いかがでしょうか?

動画

上記に出てきた最近3試合の動画です。

まとめ

それにしても惜しい人を亡くしました。どんなに強靱な体でも自動車事故には勝てないのですね。昨日までランニングしていて風が強いとつぶやいていた人なのに既に今日はもう何も話せない。そしてこの投稿を書いている時点ではまだTwitterの最新投稿が19時間前ってなってます。24時間経ってないです。あまりに無情です。

皆様も交通事故にはくれぐれも気を付けてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。