コロナのワクチンは副作用がある?打つべき?止めるべき?

スポンサーリンク

結論から

副作用があるかどうかすらまだ不明なものなので今のところ打たない方が良さそうです。

何故それが言えるか?

それは安全を確認するための治験が終わってないからです。
薬は開発されてからすぐに使えず動物実験してその後に人間で試すというのが普通です。
(C国やNK国みたいに人権軽い国は分かりませんが)

しかし今出回ってるワクチンはそれが終わっていない。
急に患者が増えたための見切り発車なのかもしれませんが異常です。

公式文書もたくさん出てきます。

例えばこちら

アメリカの国立医学図書館の公式サイトにファイザーの治験完了予定日が書いてあります。

それが2023年の1月31日!!!

ツイートした方はそう書いてましたが原文確認したら(2021年4月2日)
さらに延びたようで2023年4月6日になってます。

約2年後!!!

その間に打たれる人間は実験台ってことですね。

またこの方はファイザーに直接電話して「FDAの承認を得てない」ことを確認したようです。
上記の図書館の話とは違いますがアメリカの食品や医療関係のことを扱う役所ですね。
アメリカ食品医薬品局と呼ばれていますが日本で言えば厚労省みたいなところです。

なんてこった!!!

もちろん副作用的なことが何も起こらない人もいるでしょう。
しかし聞こえてくる情報だと既に副作用は色々出ているみたいだし。

医療の現場では気がついている人もいるみたい

この先生はコロナ自体がガセだしワクチンも危険と言ってます。
そんな発言ばかりしていたらTwitterから締め付けがあったみたいですね。

最近同じようなこと書いてる気がしますがガセだったらTwitterも放置で良いはずなんですよね。
「本当のこと」だから知られたら困る。だから規制をかけてくる。
何なのでしょうね?

何故こんな大事なことが大きく通知されないのか?

政府の広報も明言しないしマスコミもだんまりで非常に気味が悪いです。
陰謀論では人類削減計画というものがあってホントにそれやってるんじゃないの?とすら思えてきます。

厚労省が「強制ではありません」と言ってるのがせめてもの救いか。

まとめ

結論先に書いてさらにまとめ!
\(^o^)/

しつこいですが少なくとも急いで打つべきではないでしょう。
「ワクチン出来たんだー!!!良かった!打っておこう!」
みたいなノリではとりあえず止めるべきです。

治験終わって安全が確認されてから考えても良いでしょう。
マイナンバーカードにワクチン接種証明を入れて管理する!
なんて話もありますがそうならないことを願うのみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。