Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

やはり出てきた山口達也事件の具体的内容【でもどこから出てきたの?】

スポンサーリンク

新潮報道の詳細

この事件にはさらなる裏がありそうだと書きましたが裏と言うかさらなる詳細が出てきましたね。

“キスだけ”ではない山口達也の強制わいせつ  “強姦寸前”だった事件の夜

キスくらいですべてを失うなんて、代償が大きすぎる――。ジャニーズ事務所を契約解除された山口達也(46)には、一部からこんな声も上がる。だが山口が被害女性に働いた強制わいせつは、“キスくらい”ではなかった。

 ***

 ジャニーズも把握していない被害者調書の中身に基づき、事件のあった2月12日の流れを解説するのは、さる捜査関係者だ。この日、朝の情報番組「ZIP!」(日テレ系)の出演を終えた山口は、日中からビールを飲み始め、被害女性に部屋に来るよう誘ったという。

「“1人で行ったら絶対に強姦される”と危険な空気を察知して、知人の少女に頼み込み、何とか付いてきてもらうことにしたんです」(捜査関係者)

 山口と未成年の被害女性、そして同じく未成年の知人は、山口が司会を務めるNHK Eテレ『Rの法則』で繋がっていたことは報道のとおり。彼女たちが部屋に到着すると、山口は甘めの缶酎ハイなどを勧めた。2人は缶に口をつけて飲むフリをしていたが、ここで事件は起きる。

「山口が被害女性に近づき、キスをしようとしたのです。彼女は嫌がって顔を背けるんだけど、その際、山口の唇が彼女の頬に触れた。それをきっかけに山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした」(同)

 被害者は逃げ出し、母親に連絡。2人で麻布署に赴いて被害を報告し、舐められた顔面から山口の唾液が採取された。

 その後、山口が強制わいせつ容疑で書類送検されたのは4月20日のこと。この際に付された「厳重処分」という意見書こそが、“キスだけ”ではない山口の振る舞いを裏付ける材料になる。

「これは、“起訴されて当然だ”と警察が判断しているという意味です。したがって、少なくとも“キスをする”“顔を舐める”という、これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏)

 5月9日発売の週刊新潮ではさらに、山口の部屋に行かざるを得なかった被害女性の事情と併せ、事件を詳しく報じている。

デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05081700/

本筋と関係ないですが写真が田代まさしみたいに見えますね。

どこから流出した?

このぐらいのことは起こっていて当然と思うのでさして驚きもしないんですが何故この内容が表に出てきてしまったんでしょうかね?

被害者と弁護士の間では「キスしてしまったということで手打ちしましょう。賠償金もこれだけ(おそらく相場よりかなり高額)出しますので」みたいな感じで表向きは生々しい内容にならないように決着つけていたと思うんですよね。そして当然それは極秘情報で外部に出ないようにしていたはず。ですので

どこから出てきたか不思議!!!

だと思いませんか?あり得るのは警察か書類送検された検察ですよね。でも新潮は書類送検の直後から「もっと詳しい情報を持っている」と言っていたので警察がまだ捜査している時点でこれを把握していたと推測できます。

と言うことは

情報流してるのは警察?

と推測できますね。もちろん断定出来る訳ではありませんが当日何が起こったかを山口本人、被害者、弁護士以外に知っているのは警察しかないと思うわけです。

守秘義務は無いの?

週刊誌が倫理的にどうかと思うような手段で掴んだ情報から政治的な巨悪が暴かれるなんてことが昔からあったので週刊誌が社会的に役立つことはもちろんあるわけです。

しかし今回のようなわいせつ事件で捜査情報をリークさせて報道するって倫理的にはどういうものなんでしょうかね?結局、警察が守秘義務を守ってないとも言えるわけでそれはそれで問題だと思うわけです。

さらにマスコミは「取材源の秘匿」と言ってどこから情報を得たかを言わなくて良いという不思議な権利を持っていますね。

そしてそれを知りつつリークの代償として警察筋の人間と金銭のやり取りをしていたとしたらかなりの問題だと思います。と言うより警察側の人間としては金銭的な授受なしにこういった内容をしゃべるのは守秘義務を負っている以上単なる損になるわけで何らかの報酬を与えているだろうと考えるのがむしろ自然です。

もちろん断定はできませんけどね。それにしてもマスコミは自分たちだけはこういうことが許されると言う認識なんでしょうかね?

まとめ

個人的に思うのはその事件が社会性を帯びていてかつ国民生活に大きな影響を与えるような場合(古いですがロッキード事件など)はそういうやり方も止む無しなのかなと思います。

しかし今回は加害者が有名人なのでミーハーちっくに興味がある人はたくさんいるでしょうけどそれほど社会性が高いわけではないです。さらに明確な被害者がいるのでこういったさらなる詳細の報道はいわゆるセカンドレイプに結びつくことになるので正直なところどうなのかな?と思います。

もちろんこういった取材方法の是非は簡単にどちらとも言えず難しいですが実は曖昧になっている部分ですよね。事件によっては節度を持ってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。