ナッシュビルの爆発は何故起こった?事故の真相が知りたい!

スポンサーリンク

テネシー州ナッシュビルで大爆発が発生しましたね。
一体誰が何のためにこんなことをしたのでしょうか?

事件

一報はこんな感じです。

 【ニューヨーク=寺口亮一】米テネシー州ナッシュビルの中心部で25日午前6時30分(日本時間25日午後9時30分)頃、停車中の車が爆発し、周辺の建物の壁が崩れたり、窓が割れたりした。捜査当局などによると、3人が負傷したが、命に別条はないという。米CNNは、現場近くで遺体の一部とみられるものが見つかったと報じた。発表によると、発砲音がしたとの通報を受けて警察官が駆けつけたところ、「15分後に爆発する」と警告する音声が流れる不審なキャンピングカーを見つけた。爆発物処理班の出動を要請し、周辺住民の避難誘導を進めていたところ爆発したという。捜査当局は、何者かが「意図的」に爆発させたとみている。周辺はレストランやバーが並ぶ繁華街だが、祝日のクリスマスの朝で、人通りは少なかった模様だ。在ナッシュビル日本総領事館によると、負傷者に邦人が含まれているとの情報はない。
(ソース:読売新聞オンライン)

推測

クリントン氏の死亡情報に続きまた推測ですがまぁお付き合いください。
断片的な情報を集めて推測してみました。

いきなりRumorから始まるのでやはり確実ではなく「噂」の話になってしまうのですがざっくり訳すと

噂によるとAT&T(アメリカのNTTみたいな会社)はドミニオンのフォレンジック(下記に詳しく説明書きました)契約を結んでいる。そのためたくさんの人(おそらく技術者)がナシュビルに移動してきていた。

フォレンジックとは

犯罪捜査における分析、鑑識を意味する語である。法医学などとも訳される。IT用語としては、コンピュータの記憶媒体に保存されている文書ファイルやアクセスログなどから犯罪捜査に資する法的証拠を探し出すことを指すことが多い。(ソース:weblio辞書)

要は犯罪に関わる分析や調査ってことですね。ドミニオンに付いてこの契約をAT&Tが結んでいてそのためにナシュビルに技術者が集まっていたという噂です。しかもこの爆発場所はAT&Tの目の前らしいです。

これらからやはりドミニオンの調査をされると困る立場の側がこの爆発を起こしたのか?と考えるのは当然ですね。あえて具体的には書きませんけど反トランプとされている側です。

あくまで噂からの推測になってしまいますが点と線がキレイに繋がるのでありえないことではないですよね。

ちなみにこれナッシュビルの市長(民主党)なのですが何故ニヤニヤしてるんでしょうね?
何かを知っているのか?

異論?

この方のツイートは正直読み解け無いのですが何だか違うことを言ってるような気がします。
意味分かる方いらっしゃいますかね?

まとめ

こういうのってかつてはマスコミが真相を取材してたものですが米国はもうそれすら出来ない状況なのでしょうかね?
そのうち明らかにされるのかもしれませんが真相が明かされてこういう血なまぐさい事故は起きないでほしいです。
でもしばらくは難しいのかな・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。