Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三橋貴明さんDV容疑で逮捕!妻は10代だった!『自らの予言通り嵌められた?』

スポンサーリンク

ちょっと気になる事件が発生しました。

事件概要

三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?

10代の妻に対する傷害容疑で警視庁に逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)。三橋容疑者は事件を起こす約3週間前の昨年12月13日の自身のブログで「安倍晋三内閣総理大臣との会食」と題して「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」と書いていた。

三橋容疑者は安倍晋三首相と会食した事実をブログで公開。その席で自著の「『財務省が日本を滅ぼす』を進呈」したことを明かした。その上で(1)この席をオープンで、と決めたのは官邸であること(2)何をやるにしても、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標が壁になり、何もできないという現実を総理は認識していること(3)だからといって「総理は分かっている。大丈夫だ」などと思ってはいけないこと、を「和やかに」議論したとしている。

三橋容疑者は現在の日本を財政拡大に転換させるのは自分が総理の座にいても無理だと記し、財務省のプロパガンダが奏功し、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になっていると主張。

年収850万円超の会社員への増税、たばこ税、出国税…と増税が次々に決まっていることに関し、「高齢化により社会保障支出が増加する以上、この『増税路線』は既定路線となる。その理由は『PB黒字化目標』のためである」と主張。一例として農産物の輸出補助金をアメリカのように付けなければならないという点で安倍首相と意見が一致したが、「PB黒字化目標があるからできない」と記した。

その上で「痴漢冤罪を防ぐため、電車移動もしないため、やはり『国税』による攻撃が最も可能性が高いと思います」とし、まるで財務省の「陰謀」に巻き込まれるかのような表現で自身の将来を「予言」した。

最後は「中国の属国民として生きるという悪夢の未来を避けるため、現代を生きる日本国民として責任を果たすため」ブログのこの項を締めくくった。

三橋容疑者が経営する会社に東京国税局の税務調査が入ったか否かは、国税の「二重、三重の守秘義務」が壁になり、確認できないが、逮捕容疑が脱税でも痴漢冤罪でもなく、DV(ドメスティック・バイオレンス)だったとは、意外なところに陥穽が口を開けて待っていたようだ。(WEB編集チーム)

Yahoo!ニュース

本人は「何もしていない」と言っているようですね。事実はどうなんでしょうか?
また既に何かの陰謀に巻き込まれるかもしれないと予言してますね。

総理との会食の内容

https://twitter.com/TK_Mitsuhashi/status/940558313346932737

さて、ご存知の方が多いでしょうが、総理と会食し、小学館「財務省が日本を滅ぼす 」を進呈。本書の内容について、多いに議論をさせて頂きました。

まずは、2010年の参議院選挙の際に、応援演説をして頂いたことについてお礼申し上げ(今まで機会がなかったので)、その上で和やかに「シビアな話」をさせて頂きました。

内容について、全て書く気はありませんが、重要なポイントだけ申し上げると、

(1) 「財務省が日本を滅ぼす」を書いた三橋との会食を持ちかけたのは両端の方々ですが、「クローズではなく、オープンで」と決めたのは官邸であること(オープンなので、総理動静にも載りました)
(2) 何をやるにしても、全てPB黒字化目標が「壁」となり、何もできない。という現実を、総理は認識していること。
(3) だからと言って、
「総理はPB黒字化目標が問題であることは分かっているんだ。ああ、ならば大丈夫だ」
などと思ってはいけないこと、の三つになります。

特に重要なのは(3)で、総理が真実、PB黒字化目標が問題であることを理解していたとしても、だからと言って現行の緊縮路線が転換されるわけではありません。

財務省主権国家「日本」をなめてはいけません。現在の日本を財政拡大に転換させるのは、たとえわたくしが総理大臣の座にいたとしても無理です。なぜならば、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になってしまっているためです。そのように、財務省のプロパガンダが展開され、多いに成功を収めているのです。

この空気を変えるためには、やはり「言論」を動かさなければなりません。特に、緊縮路線を進み続ける安倍政権を、「正論」に基づき批判しなければならないのです。

といいますか、安倍総理の支持者の方々こそ(わたくしは違います)、むしろ積極的に安倍政権の緊縮路線を攻撃する必要があるのです。何しろ、政治は「結果」が全てです。

そして、安倍政権の「結果」は、緊縮路線なのです。

「安倍総理は、財政拡大が必要だと分かっている!!」
などと、総理を褒め讃えたところで、結果的に緊縮路線が継続するならば、我が国は「亡国」です。

アメブロ

つまりは財務省と安倍政権を真っ向から批判したってことですね。
現政権は支持率高いので大変勇気のいることです。

プロフィール

三橋 貴明(みつはし たかあき、本名:中村 貴司〈なかむら たかし〉、1969年〈昭和44年〉11月22日- )は、日本の作家、経済評論家、中小企業診断士。株式会社経世論研究所(旧・三橋貴明事務所)代表取締役社長、国家ビジョン研究会経済財政金融分科会副会長。千葉県立船橋東高等学校卒業後、1994年(平成6年)、東京都立大学(現在の首都大学東京の前身のひとつ)経済学部卒業。
大学卒業後、外資系IT企業ノーテル、日本電気、日本IBMなどに勤務、中小企業診断士の資格を取得。2008年(平成20年)11月、三橋貴明診断士事務所を開設して、フリーランスの活動を開始し、2009年(平成21年)11月24日、株式会社三橋貴明事務所(現・経世論研究所)を設立。インターネット掲示板の2ちゃんねるでの発言(ハンドルネームは「三つ子の赤字神」)をきっかけに評論家としてデビュー。
2010年(平成22年)7月の第22回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例代表(非拘束名簿式)に立候補し落選。

Wikipedia

2ch(現5ch)出身の中国、韓国の経済状況を始めとして色々な分野に斬り込んでいる人気の作家さんですね。

まとめ

三橋さんの最近の矛先は財務省や安倍政権にも向かってます。そのため一部では陰謀論がささやかれていますが私もその可能性は高いと思います。正論を言うので財務省は邪魔なのでしょうか?そして財務省の言うことは無条件で聞くような政権ですからそこから手が回されたというのはあり得ないことじゃないと思います。

軽微な犯罪というのも植草一秀さんと似ていてそれっぽいです(高橋洋一さんはちよっと違います)。三橋さんは「10代の嫁」、植草さんは「ミラーマン」と言う風に変態チックな印象を付けられました。こういう印象が付くと今後の発言の信頼性がガクっと落ちてしまいます。「変態チックなあいつが言ってもなぁ」と言う感じです。嵌める方はそこを狙っているのでしょう。潰すためのシナリオとしては大変よく出来ています。

ただし昨年も2回ほど同様なDVの通報があったという報道もあるのでそうだとしたらちょっとご本人脇が甘いですかね。逆に考えて過去二回そんなことがあったのなら自分が嵌められる予言の中にDVでやられる可能性を書いていてもおかしくないとも思いますけどね。なので私は過去のDVの通報歴すら捏造されたんじゃないかと考えてしまいます。

それにしても今の日本ではこのぐらいの言論の自由も許されないんですかねぇ。最近の日本はちょっと恐い世界に踏み込んでるような気がします。

ではまた!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

財務省が日本を滅ぼす [ 三橋 貴明 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。