Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

はれのひが計画倒産!社長は海外逃亡か?でも温かい人違もいた!【こういう被害を防ぐためには?】

スポンサーリンク

酷い事件ですね。
倒産は仕方ないにしてもせめて成人式まではきちんとやれよって思います。

事件概要

「はれのひ」突然雲隠れ 新成人の父親「前撮りの写真も届かず侮しい」

横浜市に本社がある成人式の晴れ着レンタルなどを行う「はれのひ」が突如、連絡が取れなくなった問題。昨年9月に横浜市の同社店舗で晴れ着撮影を済ませたという新成人の女性(2 0)の父親(4 4)は、産経新聞の取材に「前撮りとレンタルの着物、当日の着付けで30万円弱を支払った。悔しい」と憤った。

父親によると、女性は昨年9月に横浜みなとみらい店で振り袖を着た写真を撮影。店の雰囲気も写真の写りも良かったため、追加料金を払ってアルバムカ郵送されてくるのを待っていた。ところが、なかなか届かないため昨年12月に連絡したと二ろ、「年末か年明けに送ります」と言われたという。アルバムはいまだに届いていない。

店と最後に連絡が取れたのは1月5日。店から借りた着物を8日の式当日に着付けてもらう予定だったが、事前に届くはずの草履やかばんが届かなかった。

電話で間い合わせると、「前日には到着する」と説明されたが、7日になっても届かない。あわてて店舗が入っている商業施設や着付け会場のホテルに連絡したが、いずれも店と連絡が取れていないことがわかり、7日の時点で地元の警察署と消費生活センターに連絡した」という。

女性は結局、レンタルしていた着物を祖母に着付けてもらい、草履なども購人。なんとか成人式は迎えられたが、父親は「代金は諦めるが、アルバムはほしい。いい写真が撮れたのにと店側の対応に憤りを隱せない様子だった。

引用 : 産経新聞

明らかに計面的だったんですね。

しかも社長は海外に逃亡してしまったという噂。
早く身柄を確保して欲しいものです。

会社と社長

上海にいる?これもカモフラージュ?
元々中国と関係が深いようなのでホントの可能性もありますね。

日本での自宅はみなとみらいのタワーマンションのようです。良いところに住んでますね。

また下記は「リクナビ」からです。結構重要な情報が載ってます。利益だけ他から持ってきたものですが元データでは2014年9月期のみなぜか発表されてます。

その年の売上に対する利益率から単純に他の年の利益を推測してみました「推測利益」と書いてあるのがそうです。

意外と儲からないもんだな···というのが正直な感想ですかね。

●設立
2011年3月
※創業2008年

●資本金
1000万円

●業員数
49名

●売上高
4億8000万円(2016年9月期実績) 推測利益2400万円
3億8000万円(2015年9月期実績) 推測利益1900万円
2億8000万円(2014年9月期実績) 利益1500万
1億1000万円(2013年9月期実績) 推測利益550万円
8500万円(2012年9月期実績)   推測利益425万円

代表者

代表取締役社長 篠崎洋一郎

事業所
はれのひ本部/神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1クロスゲート7F

引用:リクナビ(既に削除済のようです)

温かい支援

この事件にたくさんの他の同業他社や人が支援をしてくれました!

はれのひ福岡天神店は社員が自主的に対応

福岡「はれのひ」8日は営業 着物「返す必要ない」

福岡市中央区にある「はれのひ福岡天神店」では、成人式の着付けが行われた。大きな混乱はなかったが、トラブルを報道で知った客が相次いで店舗を訪れていた。関係者によると、9日以降も営業するかは不明という。

福岡市西区の男性(45)はこの日、娘が成人式の着付けをした。ただ、来年の短大の卒業式でも着付けをしてもらえるよう支払った追加料金がどうなるかわからない。「担当者は現時点で何も言えないということだったが、きちんと説明してほしい」。担当者は給料も支払われていない状態だとも話したという。

福岡市の会社員男性(47)は、妻と娘と来店した。2年後の成人式のために昨年7月に約25万円で着物を購入したが、まだ着物は受け取っていないという。「電話がつながらず、店にきてみました。お金は返してほしい」と話した。

同店でこの日、着付けをして成人式に出た福岡市の女性(20)は、レンタルした着物を返しに来た。だが、担当者からは「着物は返す必要はなく、そのまま帰っていい」と言われた。「あげると言われても、複雑な気持ち」と話す。

引用:朝日新聞デジタル

横浜のIWAKIYAさん

https://twitter.com/lesalondesue/status/950354480175788032

IWAKIYAさん

八王子の荒井呉服店さん

https://twitter.com/millefiori46/status/950228414048317440

荒井呉服店さん
松任谷由実さんのご実家ですね。

その他数え切れないぐらいの呉服店さん、個人の美容師さんやメイクさんが声をあげていましたね。こういう対応には涙が出てきます。

まとめ

一生にー度の思い出の日を台無しにされた成人の皆さんの怒りや悲しみは計り知れないものがあります。でもそれに対して温かい人達もいた。少し気分的に救われました。

しかし支払金額の全額を手元に戻すのはかなり難しいでしょうね。こういう逃げ得が許されるシステムって何とかならないんですかねぇ。いずれ身柄は拘束されると思いますけど。

ちなみにこういう被害を防ぐ方法ですが「現金一括払い」のみを支払方法として強制しているのはかなり怪しいと考えて良いと思います。かってのNOVA、てるみくらぶなども同様だったと記憶しています。

他の支払い方法を選択できる同業他社があったら検討してみる価値は十分にあると思います。分割支払いの場合扱っている会社にもよりますが止めてもらえる可能性がありますので。

またPaypalはかなり支払い者への保護が厚いので利用価値は非常に大きいです。基本的にインターネット上だけの利用ですが覚えておくと良いと思います。

皆さんが極力引っかからないことを願っています!

ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。