Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

寝屋川監禁死亡事件【マスコミに感じる違和感】

スポンサーリンク

事件概要

また悲惨な事件が起きました。
愛里さんのご冥福を祈ります。

毎日新聞の記事から。

大阪府寝屋川市の自宅で凍死した長女の柿元愛里さん(33)の遺体を放置したとして 両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、大阪府警は2日、父親の工員、柿元泰孝(55)と母親の由加里(53)の両容疑者を監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕した。監禁は約15年間に及んだとされ、両親は「数年前から裸で生活させていた」などと供述。容疑については否認しているという。

逮捕容疑は「精神疾患の愛里さんが暴れる」などの理由で、2002年ごろから自宅内に間仕切りした2畳の部屋に監禁。昨年1月ごろから急激に痩せて衰弱したのに、全裸で生活させて溝足な食事を与えず、病院も受診させずに同1 2月18日ごろ、栄養失調状態で凍死させたとしている。

体重は19キロだった。泰孝容疑者は「監禁ではなく、療養だった。急激に痩せたが、衰弱していたかは分からなかった。私たちなりに考えた上で満足する食事を与えていたつもりだ」などと供述。由加里容疑者も「監禁ではない」などと話しているという。

捜査1課によると、一家は1995年ごろ、現在の場所に転居。当初は子供部屋として2畳の部屋を作った。01年に愛里さんは精神疾患と診断されていた。翌年、両容疑者は部屋に簡易トイレや二重扉、監視カメラを設置して監禁を始めたとみられる。 食事は昨年1月ごろから、1日2食から1食に減らしていた。裸で生活させていた理由について両容疑者は「数年前から暑いと言って服を脱ぐので裸にしていた」と説明。室外に置いたヒーターからダクトを通じて暖を取る設備はあったが、温風式ではなく、 府警は十分ではなかったとみている。【山田毅、村田拓也】

引用:毎日新聞

こういう事件の詳細続報は必要なのか?

事件のー報はもちろんあって良いと思います。しかしその詳細を続報として毎日のように小出しするところまで必要なのでしょうか?亡くなった被害者がさらに虐特されているように感じます。マスコミは被害者やその周囲への配慮はないんでしょうか? 今回の被害者だけでなく「亡くなった被害者」についていつも思うことです。「死者に人権無し」とでも言わんばかりです。

それとは逆に人権に配慮したつもりなのか次のように加害者を擁護するようなときがあります。「亡くなった被害者」<<「生きている加害者」であるがごとくです。

社会システムの不備???

同じく毎日新聞の記事から

精神疾患を理由に大阪府寝屋川市の自宅で監禁された柿元愛里さん(33)が凍死し、遭体を放置したとして両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件は、約16年もの間、狭い場所で監禁を続けた疑いが強まり、その特異性が際立っている。一方、精神障害者の家族や専門家は、社会の偏見の中でー家が地域や行政の支援から孤立していった可能性や、 社会が病気を理解する重要性を指摘している。

大阪大の蔭山正子准教授(公衆衛生看護学)は障害への偏見や行政のサポートが期待できないとの思いから、家族が対応を抱え込むことが多い。今回もそうかもしれない」と推し量る。

蔭山准教授によると、日本の精神疾患の治療は病院での受診が前提だが、抵抗するなど病院に行くのが困難で、行政による通院支援がないなどの現状もあり、問題は根深いという。「医師らが家庭訪問して診療したり、相談に乗ったりする仕組みが必要だが、欧米に比べて日本では手薄だ」とみる。

立命館大の山本耕平教授(福祉臨床論)は「両親だけの責任として議論するのは問題だ」と訴える。両親は二重扉の監禁部屋を作り、監視カメラを多数設置していたが、山本教授は「そうしなければならないほどの事態が起きていたのかもしれず、地域や行政が気付けなかったことこそが課題だ」と分析する。

捜査関係者によると、愛里さんは小学校時代に精神疾患を発症した。山本教授は、愛里さんの情報が、義務教育終了後も行政内で引き継がれなかった可能性にも言及。「行政が切れ目なく情報を共有し、サポートする仕組み作りが必要だ」と指摘した。

大阪府精神障有訝家族会建合会の典野保理事(7 8)は「世聞の理解は進んでいない。近所に知られたくないという思いだったのだろう」と察し、「事件は行き遍ぎていろが、 私自身も肩身が狭い思いをしてきた。両親のつらさは想像できる」とも語った。「家族だけで悩まずに、勇気を持って相篏してほしい」と呼びかけた。【山田毅、村田拓也、津久井達】

引用 : 毎日新聞

「社会システムの不備でこういう事件が起きてしまう。犯罪者が悪いんじゃなくて社会が悪いんだ!」とでも言いたそうです(そこまで断言してませんが)。

マスコミを始め、リベラル、人権派と呼ぱれる人達ってすぐこういう議論に持ち込もうとしますよね。その最終的な目的は犯罪者の擁護ではなく政権批判なのでしょうけど。狡猾なのがー応大学の教員など「識者」と呼ぱれる人達に意見を言わせていることです。 聞かれれば自分の専門分野に引き込みたがるに決まってますからね。こういう風に聞いたらそりゃそう答えるでしょ。

この事件はそうじゃないですよね!!!

これは完全に「両親が意思を持って起こした事件」です。社会のシステムが悪いと言う側面は全くゼロとは言いませんけどこれはそうじゃないと思います。どんなに手厚い社会システムを作ってもこの両親は同じことをしたでしょう。周囲の助けが欲しかったんじやなくて周囲から知られたくなかったんだから。そのために周囲を監視カメラでチェックしていた。そう思います。

まとめ

聞こえてくる両親の言い訳

「監禁しようとしたわけではなく、療養としてあの部屋で生活させていた」
「私たちなりに考えたうえで満足する量の食事を与えていたっもりだ」
「数年前から暑いと言って服を脱ぐので裸にしていた」

そんな自分を守るだけの言い訳を聞かずに厳罰を望みます。両親さえまともだったら普通に生きられたかもしれない命を無駄にしてしまったのですから軽い罪ではないはずです。 しかしあまりの事件の異常性からこの両親精神鑑定にかけられる可能性ありますね。そして責任能力無しという結果になったらあまりに悲惨すぎな事件です・・・。

※私自身もこの投稿で少なからず虐めに加担してしまってるという認識はあります※

ではまた !

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。