Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

はあちゅうさんが岸勇希さんを代表取締役から降ろした!【最近電通どうなってるの?】

スポンサーリンク

高橋まつりさん自殺から始まってここ最近電通がらみの事件が報道されていますね。

一体何か起こったのでしょうか?

簡単に言うと
「はあちゅうさんが岸勇希さんの過去のセクハラパワハラを訴えた!」
つてことみたいです。

この当事者は誰?

はあちゅうさん

本名:伊藤春香(いとうはるか)
ペンネーム:はあちゅう
生年月日:1986年1月22日
出身:神奈川県川崎市
職業:作家・ブロガー
国籍:日本
ジャンル:作家
デビュー作:

『さきっちょ&はあちゅう恋の悪あが記Super edition』(2005年)

慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。在学中に香港大学へ留学。
2017年12月、岸勇希(元電通)から長年のセクハラ・パワハラ被害を受けていたと告発した

元電通の作家さんってことですね。
対して

岸勇希さん

1977年8月13日 – )は、日本のコミュニケ-ション・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター。元株式会社刻キタル代表取締役・クリエーティブチェアマン。2017年に電通から独立。

著書「コミュニケーションをデザインするための本(2008年、電通出版)」にて、コミュニケーション・デザインという概念を広告業界に提唱した。 広告に限らず企業の商品開発や事業デザイン、空間・都市計画、アーティストのプロデュース、ドラマなどテレビ番組の企画や制作などの活動も行っている。

元電通の現在会社経営者ってことですね。
(それも辞任しちゃいましたけど)

元電通同士の争いです。

最近「#metoo(私も)」って流れがあるんですよね。
その内容は「自らが受けた性暴力について語り、連帯する」ってことです。

すでに米国でプロデューサー、映画監督などがやり玉に上がってましたね。
その流れにはあちゅうさんも乗ったと言うことみたいです。

はあちゅうさんが訴えた内容

「体も使えないのか?」

はあちゅうさんは2009年に慶應大学を卒業。同年、電通に入社した。中部支社に配属されたはあちゅうざんは、東京本社への異動を希望していた。
岸氏は当時、すでに本を出版し、業界で著名なクリエイター。新入社員だったはあちゅうさんにとっては、憧れる存在だった。「気にいってもらえたら早く希望の場所にいけるかもしれないという思いがありました」

岸氏に異動に関する相談にも乗ってもらっていたはあちゅうさんが、これはハラスメン卜だと感じるようになったのは、中部支社から東京本社に配属が決まった2010年3月頃からだという。
「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れでこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」

「深夜に『俺の家にこれから来い』とも言われました。当時、私は田町に住んでおり、彼の自宅は浜松町だったのや、歩ける距離にありました。突然電話がかかってきて、どこで何をしていようと、寝ていても『今から来られないのか』と眥われました。『寝ていました』とし言うと、行かないでも許してくれることもありましたが、翌日万、『お前はこの会社には向いていない。CDC(岸氏が所属していた部署)にきたら深夜対応も当たり前だぞ』と言われました」呼び出される時間ほまちまちだったという。夜10時のときもあれば、深夜1時のときも。岸氏が眠る朝方まで帰ることも許されず、月に1-2回の頻度で自宅に誘われた。深夜だけに友人を連れて行くわけにもいかず、家に行くときは毎回1人だったという。「自宅にいくと、黙って正座をさせられて、彼が作業をしているのを延々と横で見させられるか、彼の仕事の功績を聞いて、それを褒め続けたり、岸氏の嫌っている人を一緒にけなすなどさせられたりしました。そして、当時、岸氏は私の友人と付き合っていたのすが、『こうやってこの時間にお前が俺の家にいることを言ったらどう思うかな。お前が誘ってきたことにもできるからな』などと言われました」

「『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ?その程度の覚悟でうちの会社入ったの?お前にそれだけの特技あるの?お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。胸がない、色気がない。俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え』と」
「また当時の彼女とのセックスについて『あいつは下手だからもっとうまい女を紹介しろ。底辺の人間の知り合いは底辺だな。お前もセックス下手なんだろ。彼氏がかわいそうだ』などと言われました」

はあちゅうさん本人だけでなく、「平凡な家庭だからー。程度の低い人間と付き合うからー」などと家族や友人、パートナーの人格を否定する発言もあったという。

岸氏からのハラスメントから逃れたいと思ったはあちゅうさんは、岸氏の要求通り数名の友人を紹介した。「お前どうしてあんなしょうもない女紹介するんだよ。自分が何のために俺と知り合ったかなんもわかってないじかないか。俺の偉大さちゃんと説明したの?」などと言われたごともあったという。はあちゅうさんは当時、紹介した友人たちに対し「今は心から申し訳ないと思ってい
ます」と話す。

「BuzzFeedNEWS」さんから

はあちゅうさん側からの主張ですが本当なら酷い話ですね。

それに対する岸さんからの謝罪

先日ある知り合いから、8年前の私の振る舞いが、当時電通に務めていたある女性を、長く傷つけていることについて知らされました。彼女が電通を退社されてから一切連絡したことも、接点もありませんでしたが、その事実を知り、今更ではありますが、謝罪をするべきだと思い、10月26日にFacebookのメッセンジャーにて、以下のお詫びのメッセージを送りました。

当時自分がとても理不尽なことをし、嫌な思いをさせた、とても苦しめたことを、お詫びしたくて連絡しました。本当にごめんなさい。当時の自分には自分なりの理由があったのだけど、それ自体が稚拙で傲慢で愚かな考え方だと改めて思い、深く反省しています。長く苦しい思いをさせ続けたこと、心からお詫びします。謝れるなら、直接会って謝らせてほしいけど、今更それも許されないと思うし、そもそも今更謝っても、許されないと思うけど、本当にごめんなさい。

これはここからです。
https://note.mu/kishiyuki/n/n363633a5776e

この事件の結末

この後に一部事実と違うと岸さん側か反論してます。

でも結局岸さんは自分の会社の代表取締役を辞任かつ退社してしまいました。
代表辞めるけど平取締役で残るとかでもないんですね。

完全にはあちゅうさんの勝ちです。

電通どうなってるの?

事件の顛末はいろいろなところに書かれています。そのことから私が気になるのはここ最近の電通の状態です。相当弱ってるのではないかと。

例えば「#metoo」にしても電通って仕掛ける側だと思うんです。
世界的にそういう流れがあれば日本では誰をやり玉に挙げるか。
そんなことまでコントロールできる会社だと思ってました。

東京のキー局と呼ばれるテレビ局は電通の支店と言われてるぐらいですからね。最近「報道しない自由」をマスコミは使いすぎ!なんて言われることがありますけど、これらも電通がテレビ局に対して裏からコントロールしているからだと言われていますね。

大体テレビ局はNHKを除いて一応民間企業なんですからAと言う事件はテレビ局Xは報道するがY局は報道しない。Bという事件に関しては逆。とかそんなのが頻繁に起こっておかしくないんですけどそうはならないんですよね。同じ事件を一斉に報道するか一斉に報道をしないかどちらかです。だからどの局も同じニュースしかやらない。明らかに変ですよね。そして電通に大金を払っているスポンサー企業もほぼ同じような権力を持つことになるわけです。

高橋まつりさんの事件から流れが変わった

この事件でも最初のうち電通は各報道機関に相当圧力をかけていたみたいですね。実際にテレビ番組の収録自体が中止になったとかネットにはたくさん情報が転がっています。本当にタチが悪いけど有ったことを無かったことに出来る会社だったと思います。

しかし徐々にその力も及ぼなくなってきて高橋まつりさんの事件は最終的にはどのテレビ局も大々的に報道することになりました。なんでも隠蔽出来る力を持った電通がなぜこれほどまでに叩かれる存在になってしまったのか?と不思議でした。

電通が弱くなると誰が得するのか?

この辺りからは完全に推測になりますが政治力が働いているような気がします。憲法改正をやりたい現政権にとってマスコミを敵にしては相当難しいことになる。ところが伝統的にマスコミ=電通は自民を落として野党を上げることばかり。ここを懐柔しようとしたのではないかと思います。

政府は電通の暗部を調べ上げる。そしてそれをネタにして電通に対して「友好的な報道をしろ」と圧力をかける。ところが電通はそれに従わない。そして政府が怒る。そのときから高橋まつりさんの事件が大々的に報道される。そして今回のはあちゅうさん、岸さんネタも同じ流れ。

既に電通の神通力は無くなっている。
自分たちがマスコミにやってきたことを今度は政府にやられている。
そんな風に思います。

完全に勝手な推測ですけど。

ではまた!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。