Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

徹底比較!オススメの熊鈴

スポンサーリンク

登山、渓流釣り、現場作業、山菜採りなど熊に遭遇する可能性がある場面はたくさんあります。当然熊鈴を用意することになると思うのですがお店に行くと何種類もあって迷ってしまいますね。選ぶ際にどこを見れば良いのか徹底比較して最もオススメの商品を決めてみました。

ベル型と鈴型

大きく分けるとベル型と鈴型がありますがベル型がオススメです。それは消音機能が付いてることが多いからです。消音機能と言うのは鳴って欲しくないときに鳴らないように出来ると言うことですね。鈴型も消音機能が付いていることがありますが機能が弱いことがほとんどです。

ベル型

このような見た目の商品です。

鈴型

対して鈴型はこのような見た目です。

ベル型の消音機能の種類

さらにベル型の消音機能もいくつかタイプがあります。

バネ式
ネジ式
プル式

の3種類です。各々具体的に見ていきましょう。

バネ式

これは熊の鼻の部分が振り子になっていて鳴らすときに鼻を外し、鳴らさないときはベル本体に鼻を引っかけておきます。

鳴らすとき

鳴らさないとき

バネ式はバネが伸びて用を果たさなくなってしまうと消音機能が使えなくなる可能性がありベル式の中では一番オススメしません。真下から見るとこんな感じです。この熊さんカワイイんですけどね。

ネジ式

ネジ式は文字通りネジをくるくるして振り子を外してしまい振り子部分がベルに当たらないようにするものです。

鳴らすとき

鳴らさないとき

これが一番普及しているタイプかもしれませんね。私も一番最初に買ったのはこのタイプでした。次のプッシュ式の次にオススメです。

プル式

これは写真では分かりにくいです。ネジ式と原理は一緒ですがそれを一瞬でやってしまおうと言うものです。黒い棒の上の三角形の金属部分を引っ張る(プル)ことが出来るのでこれで切り替えます。

鳴らすとき

鳴らさないとき

よく見ると分かりますが振り子がベル本体に接触しているかしないかの違いです。原理はネジ式と大差ないですがワンプッシュで切替られるのでネジ式より圧倒的に時間が短縮出来ます。

と言うことで

プル型 > ネジ型 > バネ型

となりプル型が一番のオススメです。

形や大きさは?

ベルの形についてですが左側の「末広がり」のタイプと右側の「細長い」タイプとではどちらが良いのでしょうか?

正直大差ないのですが鳴りやすいのは振り子からベル部分が近い「細長い」方ですね。「末広がり」型は振り子からベル部分の壁が遠いので鳴りにくいです。

振り子

また振り子の大きさも影響します。左側のように振り子部分が大きい方が壁に当たりやすいので鳴りやすいです。

大きさ

単純にベル部分が大きい方が音が大きくなります。

この写真を見ると分かると思いますが商品によって全然大きさが違いますね。熊がいるような場所に行くときはなるべく荷物を軽くしたいのでそれほど大きくないもので十分だと思います。

大中小だったら「中」か「小」、SMLだったら「M」か「S」を選べば良いと思います。小さくても十分大きい音は出ますので。

ということで「細長く」かつ「振り子が大きく」て「本体は小さい」タイプがオススメと言うことになります。

オススメの熊鈴はこれだ

色々書いてきましたが


・ベル型
・プル式
・形は細長い
・振り子は大きい
・本体は小さい

というのが私のオススメと言うことになります。

この条件で具体的に選んで行ったところ下記商品に辿り付きました。

たまたまこの2つを買って気がついたのですが全く同じものです。

左はモンベル
右は東京ベル

という会社の商品です。

モンベルさんは登山好きな人なら皆知ってると思いますが山道具のメーカーさんですね。対して東京ベルさんは自転車のベルを作ってる会社だそうです。東京ベルさんがモンベルさんにOEM供給しているものなのでしょうね。

現在のAmazonで見る限りモンベルさんより東京ベルさんの方が500円以上安いのでこちらを選択するのが賢いです。ただし価格はどんどん変わるのでそのときに都度確認した方が良いでしょう。両方リンク置いておきます。

東京ベルさんここから買えます↓
www.amazon.co.jp/dp/B00CXHBQH4

モンベルさんここから買えます↓
www.amazon.co.jp/dp/B009RZ0LPI

さらにこの型には本体が鳴っている最中に他の部分に触れて音が止まってしまうことを防ぐためにベル部分がカバーで覆われた商品があります。さすがにこれはOEM供給されておらず東京ベルさんからのみの販売です。

これがオススメの中のさらにオススメなのですが少々高価です。予算があって完璧を期する方はこちらを選択するのも大いに有りだと思います。私も購入して確認したところよく出来てるなと感心しました。

ここから買えます↓
www.amazon.co.jp/dp/B00U78JS4Y

一応小さいのをオススメしましたがこの大きさでは音量小さく心配な方はもう一回り大きく超軽量の東京ベルさんのこちらをオススメします。

ここから買えます↓
www.amazon.co.jp/dp/B07D3YQH7R

安く済ます

ちなみに最安で済まそうとしたら100円ショップのこれも十分仕事します(Seriaさんで売ってました)。もちろん消音機能も何も付いてないですけどね。

また「鈴」そのものは釣り道具屋さん、東急ハンズ、ホームセンター、裁縫道具屋さんなどで安く売ってます。鈴だけをそのような店で入手して100円ショップのカラビナでも付ければ立派な熊鈴です。下記は東急ハンズで直径3cmの鈴だけ300円程度で買って100円ショップのカラビナを付けたものです。もちろん消音出来ませんけどね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。